給与計算代行とコストの比較

給与計算代行がもたらしてくれるもっとも大きなメリットはコスト削減効果です。よって、利用を決定する前に必要なことはどれだけコスト削減効果を見込めるかを入念に調査することです。企業の規模や業態、外部委託する範囲の組み合わせによってその削減効果は変化します。どれがベストな選択なのかをきちんと見極める必要があります。
給与計算代行を利用するコストは見積もりで明確になるため、精査しなければならない内容の中心は現在給与計算にかかっているコストになります。社内システムの維持、運用にかかる費用、人件費、システムの更新にかかる費用などを洗い出して整理することになります。必要な人材の調達、教育費用なども考慮する必要があります。
給与計算代行導入後のコストに関して見積もり上には現れにくいコストがひとつあります。それはセキュリティコストです。サービスを提供する側は基本的にありえないことだとして、そのリスクを詳しく説明しない場合があるかもしれません。しかし、いざというときどういった補償があるのか、データが失われた場合はどうなるのかなど、万が一のケースに関しても詳しく詰めておく必要があります。
東京給与計算代行センター | 東京都の中小企業の給与計算をサポート

Posted in 未分類 | Tagged | コメントは受け付けていません。

給与計算代行の最大のメリットとは

給与計算を代行してもらう上での最大のメリットはやはりコスト削減です。
給与計算にはまず人件費が必要になります。単純な作業を行う人手のほかに、税法、健康保険法、労働法など関連法規に詳しく給与計算の実務に長けた人材が必要になります。給与計算は毎月必要ですから、これだけの人数を常に給与計算に割り振る必要があります。
さらに複雑な給与計算を行うためには専用のコンピューターとソフトウェアが必要になります。給与計算のためのシステムを用意し、運用し、保守するにはそれだけのコストが当然にかかります。さらに関連法令や保険制度に変更があるたびにシステムにも変更を加えなければなりません。人件費だけでなく設備費用においても給与計算は大きなコストを必要とするのです。
このように大きな負担を要する給与計算をそれぞれの会社で自前で行うのはたいへん非効率です。いくつもの会社の給与計算を一手に引き受けることでスケールメリットを生み出し、低コストによる業務委託を請け負うのが給与計算代行サービスなのです。

Posted in 未分類 | Tagged | コメントは受け付けていません。

給与計算代行は社会保険労務士のいる会社に依頼しましょう

給与計算は簡単なようで結構煩雑な仕事です。これを間違うと信頼を失ってしまいます。給与計算代行をする上で特別な資格はいりませんが、信頼関係で成り立つためミスは許されません。多くに給与計算代行を行う会社では社会保険労務士が行っていることが多いのです。社会保険労務士の資格は労務管理の国家資格である為、アウトソーシングで依頼する場合は、社会保険労務士の資格を持った人のいる会社に依頼する方が良いでしょう。
その理由としてあげられる重要なものは、社会保険労務士法により業務で知り得た個人情報は漏らしてはいけないという守秘義務が課されており、他に自分の給料やその他の情報が漏えいする危険性が無いことが挙げられるのです。毎年行われる保険料率の改正や法改正にも精通しており、迅速かつ正確な対応をしてもらえることも重要な理由の一つです。
煩雑な給料計算を任せることで、社内業務の効率を上げることが出来、さらに外部に情報が漏れる心配のない給与計算代行は会社経営の大きな手助けになるのです。

Posted in 未分類 | Tagged | コメントは受け付けていません。